退職の準備

【攻略法】退職の上司報告は何て言う?揉めない言葉の選び方

退職の準備

いざ退職する!というときに直属の上司には退職を伝えづらいもの。普段から会話がない上司であれば、なおさら難しいです。退職の上司報告の攻略法やあと腐れがない退職報告の方法をご紹介します。

ストレートに言えない場合の上司報告「攻略法」

普段から上司とコミュニケーションが取れていない。そんな方はなかなか退職を言い出しにくいもの。退職を伝えるときになんて言えば良いのかを紹介します。

やりたい仕事・未来を伝える

一番ポピュラーな方法が「良い未来」を創造させることです。上司にとっても部下にとっても良い未来というのはマイナス面がありません。

退職報告を受けた上司も、人事に対して「やりたい仕事」「夢を追うための退職」と言えば上司の評価や査定が落ちることはないでしょう。

上司も人間ですから、良い未来に対して良いアドバイスをしてくれる可能性もあります。可能であれば、やりたい仕事・取りたい資格を伝えましょう。

伝える前に

  • 「〇〇さん(上司の名前)にお世話になったのですが」
  • 「〇〇さん(上司の名前)にの仕事ぶりに刺激を受けて」

など、上司の影響が夢を追いかけるきっかけになったと補足しておくのは効果的です。

親の介護・家を継ぐ

他人が首を突っ込みにくいジャンルである「両親」「家」。生きていく上で家族を守ることは会社で働くより大切です。

しかしバックボーンとなる「両親」の情報や、「家業」というものがなければ通用しません。過去に自分の両親や家業の情報が変に流れていないか、という点に注意しましょう。

嘘をついて「家業を継ぐって、あなたの家はサラリーマンだよね?」なんてことになると、確実にトラブルになります。

自信の身体の不調「嘘や話を盛るのは危険」

勤務時間が不規則な方や交代制の方には有効です。肉体労働の方も十分に通用する退職理由です。

しかし、辞めたいがために「嘘」や話を「盛る」のはやめた方が良いです。

会社によっては、退職前の有休消化期間に「傷病手当の申請」「傷病休暇」など会社の制度の申請をするようにと促された場合に、嘘がバレます。

嘘や話を盛ることはせずに、「自分には辞める理由がある」と強く心に持ち会社との手続きに臨むことが大切です。

こんな反応をする上司がいる会社は「即辞め」でOK

上司は部下がどのような顔色で働いているか把握しています。完全リモートワークでなければという条件付です。

すでに、あなたが上司に退職を報告することを躊躇しているのであれば、上司とのコミュニケーションは良好ではない可能性があります。

ただでさえ言いにくい「退職」の文字。上司が快く背中を押してくれるイメージが湧かないから困っているのでしょう。

上司に退職を報告したときに、こんな反応やリアクションがあれば、その会社は今すぐ辞めてOKです。

【上司のリアクションの悪い例】

  • 「根性ない」などメンタル面の指摘をされる
  • 「やり方が悪い」など方法論を叱責される
  • 「おれが若い頃は」などの昔話が始まる
  • 部署異動を提案される

退職の報告をするときに、報告する側からすると「指摘」や「叱責」は一番嫌います。

退職報告のタイミングで「指摘」や「叱責」をしてくる上司。言い換えると相手の立場に立って物事を考えられない上司ということになります。

人材育成が出来ない上司、若しくは、人材教育を”ないがしろ”にしている会社と言えます。

「おれが若い頃は」などの昔話が始まる

これは論外です。このセリフを言われた・言われそうという場合は事前に退職の準備を進めておくのがベストです。このような会社にいて良い未来は描けません。

未来が描ける会社に転職しましょう。

部署異動を提案される

部署異動の提案は良いことなのでは?と思う方も多いでしょう。部署異動を希望する方も多いのではないでしょうか?

部署異動が一番の落とし穴と言っても過言ではありません。

上司目線で考えると分かりやすいかもしれません。上司は部下や部署内でのトラブルをいち早く解決したいものです。退職したい部下がいる場合、「退職=上司自身の評価・査定ダウン」に繋がる場合があるため、”すぐに退職させたくない”となるのです。

そこで登場するのが「部署異動」です。部署異動は上司が人事に「他に希望部署があるから異動したい部下がいる」と伝えれば、上司自身の評価は下がらず、退職問題は(部署内では)解決します。

さらに言えば、部下が退職したいということに気づいていない上に、定期的に面談等で情報交換が行われていない会社です。

もちろん入社当初希望していた部署とは違う部署に配属されたから希望部署へ行きたい。など明確な理由があるという方は別です。

退職代行サービスを利用する

退職時はなんだかんだとイベントが発生するもの。スムーズに辞めれたとしても気を遣い、体力は大きく消耗するものです。

辞めたいと決心しても、上司の配慮で配置転換や働き方の提案などを断るのも精神的につらいでしょう。

自分自身やお世話になった上司のことを考えて、退職代行サービスを利用するのは大きなメリットがあります。

「退職代行サービス=失礼、無礼」という時代はもう終わろうとしています。退職のやりとりがメンタル的につらい方や、時間を無駄にしたくないという方におすすめです。

おすすめの退職代行サービス「退職代行Jobs」

退職代行サービスにはいくつかタイプがあります。

【退職代行サービスのタイプ】

  • 一般法人
  • 弁護士
  • 労働組合

トラブルなく確実に退職するには、「弁護士」や「労働組合」の退職代行サービスが向いています。

なかでも弁護士と労働組合の特徴の良い部分を併せ持つ「退職代行Jobs」。

「退職代行Jobs」は追加料金なしで無期限サポートがついています。

人生において退職代行サービスを使うことはあまりありません。退職代行はどんなサービスなのか、知っておくことは転職後の業務にも活きてきます。

退職の心強い味方である退職代行サービスの利用をおすすめします。

ステライ
タイトルとURLをコピーしました