大阪北新地ビル放火[西梅田こころとからだのクリニック]

谷本盛雄の家族[挨拶もろくにできない]北新地ビル放火事件

tanimotomorio-kao大阪北新地ビル放火[西梅田こころとからだのクリニック]
谷本盛雄の顔画像

2021年12月17日大阪北新地にある堂島北ビルの心療内科「西梅田こころとからだのクリニック」に放火した犯人の名前は谷本盛雄容疑者。谷本もりおの家族構成や顔画像、自宅や近隣住民の証言を見ていきます。

関連記事

》大阪市北区の火災のビルは「堂島北ビル」店舗は「心療内科」曽根崎新地1

谷本もりお容疑者の家族構成「離婚して一人暮らし」

谷本盛雄には先述した長男以外にも家族がいます。

谷本盛雄容疑者の家族構成

妻:現在は無し 2008年に離婚が成立

子:長男 次男 親権は元妻

現在は一人暮らし

家族との関係は”ある事件”から途絶えているとのこと。

“ある事件”とは。後述します。

》西梅田クリニックの院長への恨み

谷本盛雄は家族(長男)を刺していた「懲役5年の実績」

「谷本盛雄」という名前が世に出るのは今回の放火事件で2度目。

当時25才だった長男を包丁で刺しています。当時の記事の一部が別サイトに残っていました。

長男の頭部を包丁で刺したとして、大阪府警西淀川署は25日、殺人未遂容疑で、
大阪市淀川区塚本の無職、谷本盛雄容疑者(51)を逮捕した。容疑を認めている
という。

逮捕容疑は25日午前6時15分ごろ、大阪市西淀川区大和田のマンション一室で、
この部屋に住む無職の長男(25)の頭部などを包丁で刺したとしている。長男は
頭や肩を負傷したが、命に別条はない。

同署によると、谷本容疑者は24日夜に長男宅を訪問。食事をした後、室内で飲酒
していたところ口論となり、かばんに入れていた包丁で刺したという。引用元:産経新聞(現在は削除済み)

事件が起きたのは2011年4月25日の早朝。

谷本盛雄容疑者は25才の長男と口論になり、カバンに入れていた包丁を取り出して頭や肩を刺しています。

この事件ではうつ病と診断されながらも、責任能力があることが認められ5年の懲役が課されています。

谷本盛雄の顔画像「感情的になって失敗した過去」

tanimotomorio-kao

谷本盛雄の顔画像

谷本もりお容疑者の顔画像を共同通信が報じました。白髪交じりの50代男性の写真です。

鼻筋が通っていて、への字型の眉毛が印象的です。顔立ちはとても整っている谷本容疑者。

この画像は工場勤務時代のものと関係者が語っています。

 

谷本盛雄は真面目で手先が器用だったと元同僚が証言しています。この同僚の方の証言では谷本盛雄容疑者は自ら「感情的になって過去に失敗したことがある」と言われたとのこと。

職場では”寡黙”な印象だったとのこと。寡黙を貫くのは感情を抑えきれなくなることが怖かったのでしょうか。これ以上のトラブルを起こしたくなかったと考えるのが自然です。

谷本盛雄容疑者の自宅「挨拶もろくに出来ない」と証言

tanimotomorio-kazoku

谷本盛雄の自宅付近

谷本盛雄容疑者の自宅付近の画像です。住宅と住宅の隙間に写る奥の建物が谷本盛雄容疑者の住居です。西淀川区姫島にあります。

谷本盛雄が住み始めた時期については色々な情報が出ています。しかし近隣住民は

「この部屋(谷本盛雄の自宅)には今年春まで別の家族が住んでた」

「数日前から男性が出入りするのを見た」

と証言しています。

また新たな証言が出ています。

同じ並びの住宅に住む方が、谷本盛雄容疑者の引っ越しを見かけたため挨拶をしたところ、まともに挨拶も出来なかったとのこと。

近隣の方「越してこられたんですか?」

谷本盛雄「・・・はい。」

一瞬だけ目を合わせたあと、これだけ答えて引っ越しを続けたと言います。

既に「西梅田こころとからだのクリニック」に通っていた谷本盛雄容疑者。人との接点を避けるような生活を送っていたのでしょう。

333ニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました