事件

熊本県荒尾市有明高校暴行動画の殴る生徒が判明!学校の完璧ないじめ対策基本方針!

事件

2020年9月29日熊本県荒尾(あらお)市の私立高校で撮影された動画がSNSで拡散しています。動画の内容は一人の高校生が殴られ続けるというものです。高校はどこなのか、この高校はいじめ対策をやっているのか掘り下げていきます。

熊本県高校の暴行動画事件の内容

熊本県内の私立高校で、男子生徒が同級生を殴り続ける動画がSNSで広まっていることがわかった。 教室の中で、生徒の体を両腕を振りかぶって何度も殴る男子生徒。

殴られている生徒は、反撃する様子はなく、次第に教室の隅の方に追いやられ、倒れ込んだようにも見える。 しかし、まわりで見ているほかの生徒は、暴力を止めるようなそぶりはない。

学校側によると、この動画は8月31日、ホームルーム中に担任の教師が不在の間に撮られたものだという。 学校側は9月24日、SNSに動画が上がっているとの外部からの連絡を受け、生徒たちへの聞き取り調査の結果、暴力行為を確認したという。

引用元:FNNプライムオンライン

暴行動画で殴っている方の生徒は誰?

既にツイッターでは名前が特定されています。電気情報科の2年生のSさん。

全日本空手連盟 初段 黒帯という情報まで出ています。未成年の為、情報は記載できません。

暴行動画が撮影された熊本の高校はどこ?

熊本県荒尾市にある有明高校です。荒尾市は福岡県と熊本県の県境に位置し、海に面した町です。九州では有名なテーマパーク「三井グリーンランド」があるのも荒尾市です。

普通課・看護学科・福祉科・機械科・電気情報科の5つの科があります。多角的な生徒の進路希望に沿える学校だと言えます。

有明高校の偏差値は?

画像引用:高校受験ナビ

有明高校の偏差値は「45」。中央値より少し低いといったところでしょうか。偏差値といじめの相関関係はわかりませんが、偏差値が低ければいじめも多いというイメージを持つ方は多いのではないでしょうか。

暴行動画の有明高校の評判は?

有明高校は私立高校で、グーグルマップのくちこみは41件あり、☆の数は「1.6」かなり低い数字です。

既に9月26日には暴行動画と同じものだと思われる画像が、グーグルマップのクチコミ欄に投稿されています。他のクチコミはどのようなものがあるのでしょうか。

・いじめで有名な高校らしいです。ここへ進学することはオススメしません。
・いじめが多く5人に5人はいじめをしています。
・看護科は素晴らしい
・まともな奴がいない学校
・保護者の送迎マナーが最悪
・いじめが日常化している。先生は見て見ぬふり。

抜粋するとこのようなものが大半を占めています。今回の暴行が行われたとしても仕方がないという感じでしょうか。

有明高校はいじめの対策を講じているのでしょうか。

有明高校の素晴らしい「いじめ防止基本方針」

有明高校では、いじめの対策を行っています。有明高校のホームページに「学校いじめ防止基本方針」なるものがありました。全4ページありますが、一部をご紹介します。

有明高校いじめ防止基本方針の七不思議①

(学校及び職員の責務)
いじめが行われず、すべての生徒が安心して学習や学校教育活動に取り組む
ことができるように、保護者等との連携を図りながら、学校全体でいじめの防
止と早期発見に取り組むとともに、いじめが疑われる場合は、適切かつ迅速に
対処し、その再発防止に努める。また、いじめを絶対に許さないこと、いじめ
られている子供を守り抜くことを表明し、いじめの把握に努めるとともに、校
長をはじめ生徒指導部、学級担任など組織的に取り組む。「一部抜粋」

グーグルマップのクチコミには3日前の9月26日に投稿されているわけですから、動画が撮影されたのはもっと前だと考えるのが自然です。9月30日現在、有明高校や荒尾市の教育委員会は何の声明も発表していません。

「適切かつ迅速に対処し、その再発防止に努める。」

迅速という意味は、「物事の進行がきわめて速いさま。すみやか。」もう迅速という言葉は既に、適切ではありません。国語の先生は居ないのでしょうか?

「組織的に取り組む」という言葉がありますが、生徒たちは組織的にいじめに取り組んでいます。

有明高校いじめ防止基本方針の七不思議②

教師一人ひとりが生徒に目を向け、わかりやすい授業を心
がけ、生徒に基礎・基本の定着を図るとともに学習に対する達成感を育て、楽
しく授業に参加できるように努める。
ホームルーム等を活用して、命の大切さについても指導を行う。また、「いじ
めは絶対に許されないことである」という認識を生徒がもつように、教育活動
全体を通して指導する。そして、見て見ぬふりをすることも「傍観者」として、
いじめに加担していることを知らしめる。

この動画が撮影されたのは、なんとホームルームです。もちろん命の大切さの指導はありません。命の大切さは殴られた生徒だけ身に染みることとなりました。グレているのは生徒ではなく先生かもしれませんね。

教えているのは先生ではなく、体をはっている生徒だとも言える状況です。

動画を取った生徒はSNSに投稿し、世間に訴えています。もちろんその場では止められませんでしたが、見て見ぬふりとは言えません。立派な抵抗です。

有明高校いじめ防止基本方針の七不思議③

3 いじめの早期発見・早期解決に向けての取り組み
① いじめの早期発見のために
○ 「いじめはどの学校でも、どの生徒にも起こりうるものである。」とい
う基本認識に立ち、すべての教員が生徒の様子を見守り日常的な観察を
行うことにより、生徒の小さな変化を見逃さない鋭い感覚を身につけて
いくことが必要である。

いじめが多い学校というクチコミが多い学校です。その学校で既にホームルームに参加しない教師。見守っていたのは何だったのでしょうか?職員しつでスマホでも見ていたのでしょう。生徒が必至にTikTokに投稿しているのに、別のTikTokでも見ていた可能性すらあります。

有明高校いじめ防止基本方針の七不思議④

○ おかしいと感じた生徒がいる場合には学年、学科、生徒指導部、養護
教諭等で気づいたことを共有し、より大勢の目で当該生徒を見守る。

動画を見ると、既にいじめが「エスカレートした状態」だと言える状況が十分にあります。教師たちは”おかしい”と感じていなかったのでしょう。感覚が鈍いのか、低月給でやる気がないのか。

いずれにせよ、大勢の目というのはTikTokとTwitterを見ている教師以外の人たちでした。

有明高校いじめ防止基本方針の七不思議⑤

普段の教育活動(ホームルーム、清掃活動等)の中から生徒との会話
を教師自ら積極的に行い、生徒の様子を探り、いじめや心に悩み事がな
いかを見極める高いアンテナを持つことも必要である。

ここまでくればもう、「ホームルームに出なさい。」としかいえません。ここまでホームルームを書くのであれば、せめて参加するだけして欲しいですね。

有明高校いじめ防止基本方針の七不思議⑥

② 学校、家庭と連携した組織
緊急な生徒指導上の問題が発生した場合は、その場の適切な処置をと
るとともに教頭に報告する。また、状況によっては緊急生徒指導部会を
開き敏速な対応を行う。教頭は、校長に報告し、校長の指示により支援
体制を作り対処する。問題行動を把握した時点で、家庭連絡を行い速や
かに連携を取りながら対応する。

いろんなところで連携を取ると記載されています。敏速な対応を行うそうです。ここまでに迅速な対応とも書かれていました。

①教頭に報告

②緊急生徒指導部会を開く

③教頭から校長に報告

④校長の支持により支援体制を作る

という対応マニュアルです。②だけで全てまかなえる気もします。

瑞宝小綬章を受章された片山理事長は、支援体制を作るのに定評があるのでしょう。

有明高校いじめ防止基本方針の七不思議⑦

5 インターネットを通じて行われるいじめに対する対策
インターネットを通じて送信される情報の特性を踏まえ、インターネ
ットを通じて行われるいじめを防止し、効果的に対処できるように、必
要に応じてこの種のいじめになりうる問題についての研修会等を行う。

この動画を使って研修会の資料にするのでしょうか。今から研修をしていたのでは、殴られた生徒の体がもちません。早急に対応して欲しいところです。

有明高校いじめ防止基本方針のまとめ

これだけいじめで有名な学校ですから、いじめ対策は対外的に必須だったのでしょう。長々と対策を書かれています。

しかし、迅速・速やか・敏速と早さを表す日本語を駆使したものの、結果として現時点では無発表です。有明高校の生徒の話によると、「暴行動画がSNSで投稿されている」「投稿しないように」と注意があっただけだそうです。

有明高校に通う生徒や、子を通わせる親の気持ちを考えると、心が痛くなる状況です。

実際にTikTokに投稿された暴行動画は?

SNS動画アプリの「TikTok」に投稿された動画で、「まさき」というアカウントで投稿されています。ハッシュタグには「#拡散希望」と書かれています。この動画は既に削除されている可能性が高いです。ツイッターには残っているようです。

動画を見る限り、被害者と思われる右側の高校生が、左側の高校生に一方的に暴行されている様子が写っています。10回ほど殴られた後、教室の隅まで追いやられ倒れ込んでいるところで動画が終わってしまっています。

事情を知らない人がこの動画を見ると一方的ないじめだと思われても仕方がありません。本当にこれはいじめなのでしょうか?

あまりにも過激な動画の為、画像のみとさせて頂きます。

熊本高校暴行動画の時系列や登場人物は?

動画には複数人の高校生が登場しています。仮に左側の生徒を生徒Aとします。そして右側のいじめられていると思われる生徒を生徒Bとします。動画の最初に登場する生徒C。この3人で構成されています。

時系列では、座っている生徒Cに対し、いじめられている生徒Bが「かかと落とし」をしかけています。わざとかかと落としを外したような素振りです。至近距離から外れる技ではありません。

その後、生徒Cの横にいた生徒Aが暴行を開始します。予め準備していたかのような動きで、行動開始からトップスピードで生徒Bを殴り続けます。

教室の端まで生徒Bを追い詰めたところで動画終了です。

気になる点は、この動画を撮影している人(おそらく生徒)の他に、もう一人撮影をしている生徒が映り込んでいます。これは一連の芝居を含んだ暴行動画だと言えます。かかと落としをわざと外したのも納得です。

一方的に殴られた生徒Bは大丈夫なのでしょうか?あれだけ殴られているのですから、打撲の一つや二つは確実にあると思われます。骨折していないか、ほかのけががないか心配です。

情報が入り次第、追記します。

コメント

アドセンス