伊藤柚輝さん十四山中学校殺人事件

伊藤柚輝くん加害者はコミュ障か「生徒会選挙演説は〇ぬより辛いこと」愛知中3刺殺事件

kagaisya-bare-伊藤柚輝さん十四山中学校殺人事件
加害者が所属していたバレー部

弥富市立十四山中学校での殺傷事件で伊藤柚輝くんは生徒会の一員だったことが分かっています。加害者はなぜ選挙演説が嫌だったのか、生徒会長を目指す伊藤柚輝くんと加害者の関係性をみていきます。

関連記事

伊藤柚輝くんの家族と生い立ち[おとなしめのサイコパス]いじめ以上か
十四山中学校で刺殺された伊藤柚輝くん。伊藤ゆずきくんの家族構成や生い立ち、性格を調査します。伊藤柚輝はサイコパスではないかと噂になっています。愛知十四山中学校野球部の証言や生徒会の応援演説・選挙を調査しました。
弥富市十四山中学校の犯人[伊藤柚輝さんと小学校からの仲良し]同級生刺殺事件
愛知県弥富市立十四山(じゅうしやま)中学校で起きた刺殺事件。伊藤柚輝さんと加害者である犯人は同じ小学校に通っていたことが分かっています。小学校はどこなのか、伊藤ゆずきさんと仲良しだったのか探ります。
伊藤柚輝さんの顔画像や自宅や家族構成「父:伊藤鉄也はデマ」愛知県弥富市十四山中学校
2021年11月24日に殺害された伊藤柚輝さん。伊藤柚輝さんの顔画像や自宅はどこなのか、家族構成やなぜ事件に巻き込まれてしまったのか調査します。
伊藤柚輝さん殺害犯の実名は「中〇〇人」か!?弥富市十四山中学
2021年11月24日愛知県弥富市の十四山中学校で伊藤柚輝さんが殺害されました。被害者である伊藤ゆずきさんを殺害した犯人の実名はだれなのか、十四山中学校に裏サイトはあるのか詳細を探ります。

伊藤柚輝くん加害者の殺害動機は「生徒会活動」

itouyuzuki-seitokai

十四山中学校の生徒議会の様子

生徒議会(2021.4.12)
委員会活動終了後に、前期第1回の生徒議会を行いました。生徒会長のあいさつのあと、各委員会委員長より前期の活動計画が発表されました。また、生徒会執行部から年間スローガン作成についての提案がありました。

画像の中央に立つ、制服姿の生徒が生徒会長です。生徒会は前期と後期に分かれているとのことでした。制服姿の生徒は前期(2021.4月~)の生徒会長です。

よく見ると生徒会長の左側に背丈の低い生徒が座っています。生徒会長の横のポジションですから、副生徒会長や書記のように役についている生徒なのでしょう。

この背丈の低い生徒は伊藤柚輝くんに見えます。画質を落としていますので見づらいですが、十四山中学校のHPにある画像では伊藤ゆずきくんに見えます。

副生徒会長かどうかは断定できていませんので、分かり次第追記していきます。

itouyuzuki-seitokai

十四山中学校の生徒議会の様子

生徒議会(2021.5.31)

第3回生徒議会を行いました。生徒会長のあいさつの後、各委員会の委員長から活動報告がありました。生徒会執行部からは、体育祭種目の希望調査について提案がありました。

生徒会の活動が定期的に催されています。

itouyuzuki-seitokai

十四山中学校の生徒議会の様子

生徒議会(2021.6.25)
第4回生徒議会を行いました。生徒会長のあいさつの後、各委員会の委員長から常時活動の取組や今後の活動についての報告がありました。生徒会執行部からは、「あいさつは自分から週間」の提案があり、今後各学級で取り組んでいくことが承認されました。

毎月開かれる十四山中学校の生徒議会。ここでも黒板の目の前に鎮座するちいさな生徒がいます。伊藤柚輝くんでしょうか。肩書や役割があるのでしょう。

》伊藤柚輝さんと小学校からの仲良し

加害者はコミュ障「選挙演説は〇ぬよりつらい」2021.9.24選挙演説

itouyuzuki-seitokai

伊藤ゆずきくんと犯人の不仲の原因となった選挙の公示

加害者である生徒の供述では、いくつか伊藤くんを刺したきっかけを話しています。

【殺害動機】

  • 昨年9月に行われた生徒会の選挙で(被害生徒の)応援演説を頼まれたのが嫌だった
  • (被害生徒が)割って入ってくるのが嫌だった
  • 嫌がらせだと感じていた。恨みのような感情が募り、今の生活はどうでも良いと思うようになった

この内の一つである「生徒会の選挙の応援演説」が行われたのが昨年の9月24日。応援演説を頼まれたのが嫌だったと話す加害者はいわゆる「コミュ障」だったということが関係者の証言でわかっています。

普段から人と話す際にもストレスや緊張を感じてしまう「コミュ障」。

コミュ障の方は「うまく話せない」「話し終わったあとに緊張していたことに気づく」程度の人もいます。

しかし極度のコミュ障になると、体の調子がおかしくなったり過呼吸になるレベルの人もいます。コミュ障の人が人前で選挙演説をしたらどうなるのでしょうか。

参考になる「コミュ障」の方々のツイートがいくつかありました。

さー今日も一限から発表だ!自己紹介だけどさ…コミュ障が人前に出ると〇ぬってことを証明してくるわ…
人前に出ると〇ぬとツイートしている方もいます。

コミュ障ど陰キャ人前大苦手勢わい、大学の面接絶対〇ぬ

しきみさんコミュ障だから人前出ると死ぬ
コミュ障と言われる人は人前で話す行為は、人生の終わりすら感じています。コミュ障のストレスはそうでない人には理解しがたいものなのです。
伊藤柚輝くんは生徒会長にみずから立候補するほどのコミュニケーション能力に長けた人物です。中学生では他人のコンプレックスを理解できるほど大人では無かったのでしょう。加害者生徒のコミュ障を理解せずに無理やり選挙演説を依頼したのです。
加害者生徒は「選挙演説は〇ぬよりつらい」と怯えていたことが想像できます。
これが現実です。

コミュ障は理解されにくい「コメント欄には言葉の暴力」

kagaisya-bare-

加害者が所属していたバレー部

ニュースのコメント欄を見ると、大人が書いたコメントと思われるものが多数あります。

ニュースのコメント欄

応援演説を頼むって、被害生徒は加害生徒のことを信頼できる友だちだと思っていたのでしょう。嫌なのに断ることができなかったのは、加害生徒の課題だと思う。被害生徒が気の毒です。遺族の無念は察するに余りある。
応援演説を頼まれたということは信頼されている。だから悪いのは加害者。
という意味合いでしょう。コミュ障のことを全く理解できていないコメントです。恐ろしいことにこのコメントには「いいね!」が200を超えています。

ニュースのコメント欄

まさかの理由
これで殺されてたとしたら被害者堪んないよな、、、
一生塀の外に出無い方がいいと思う
亡くなられた生徒さんのご冥福をお祈りします

この程度の理由で〇されたら堪らない。コミュ障を「この程度」扱いするコメ主も多数います。

このコメントに対しても多数の「いいね」が押されています。

義務教育を卒業し、高校大学を経て社会人になった人がこのようなコメントをするのは信じられません。どこを見て育ってきたのでしょうか。

人の痛みや苦しみ、コンプレックスを理解して生きてこれなかった人たちが多数のコメントを残しています。まさに「言葉の暴力」です。

》加害者生徒の実名は中〇〇人

 

伊藤くんが会話に割って入ってくるのが嫌だった

コミュ障ならではの嫌悪感です。

友人数人と話すことでも少し緊張するのがコミュ障。複数の人の顔色をうかがいながら言葉を必死に選んで会話をしている途中に割り込んでくるのは大きなストレスです。

伊藤柚輝くんはコミュ障を理解できていなかったのでしょう。それとも単純に「友達だから空気よまない」タイプなのか。

嫌がらせだと感じていた。恨みのような感情が募り、今の生活はどうでも良いと思うようになった

加害者生徒のこの供述は事実でしょう。

コミュ障の方から言わせれば伊藤柚輝くんの行為は「重罪」です。

伊藤柚輝くんが通う中学校の先生たち「いじめはなかった」

itouyuzuki-seitokai

十四山中学校の教師のAED講習

職員AED講習会(2021.5.24)
心停止や呼吸停止となる可能性のある傷病を未然に防ぐため、職員のAED講習会を実施しました。教務主任と養護教諭を講師として、職員が3つのグループに分かれ、心肺蘇生法とAEDの使用法を学びました。万が一に備え、先生たちも真剣な表情で取り組んでいました。

この活動が伊藤ゆずきくんが刺されたときに活きました。死因は出血性ショックでしたが。延命できたのでしょうか。

「いじめの情報はなかった」としている十四山中学校と弥富市教育委員会。コミュ障が理解され、人前で話すのが苦手な生徒の人権は守られるのでしょうか。

333ニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました