殺人事件

冷川哲也のFacebook顔画像「不倫がバレて首を絞めた」大分県日田市

hiyakawatetuya-kao殺人事件
冷川哲也容疑者の顔画像

2021年12月27日に妻の首を絞めたとして冷川哲也容疑者が逮捕されました。ひやかわてつや容疑者のフェイスブックと顔画像を探します。殺人未遂の動機はなんなのか探ります。

冷川哲也容疑者のFacebook

hiyakawatetuya-Facebook

冷川哲也のFacebook

「冷川哲也」でFacebookを検索すると、2件のアカウントがHITしました。そのうち一つのFacebookアカウントは冷川哲也容疑者と同姓同名でした。

hiyakawatetuya-Facebook

冷川哲也のFacebook

冷川哲也容疑者の顔画像

冷川哲也容疑者のFacebookには顔画像の投稿はありませんでした。冷川哲也容疑者の顔画像はweb上にありました。

hiyakawatetuya-kao

冷川哲也容疑者の顔画像

hiyakawatetuya-kao

冷川哲也容疑者の顔画像

報道では「自営業」と明かされている冷川哲也容疑者。農業関係の仕事をしていて、米作りをしているようです。

大分県日田市の農業関係の冊子に掲載されています。2017年の写真ですから、冷川哲也容疑者が30才ごろの写真です。

九州豪雨被害にも負けず、土地を再生させ米作りに励んでいた冷川てつや容疑者は、なぜ妻の首を絞めたのでしょうか。

冷川哲也容疑者「不倫がバレて首を絞めた」か

不倫がバレたか

とコメント欄にもありました。

近い関係者の話では、冷川哲也容疑者は「朝に帰宅することもあった」といいます。米農家ですから基本的に秋の収穫が落ち着けば時間が出来ます。

冷川哲也容疑者はその時間を利用して女性との関係を持っていたのではないかという関係者の声が聞こえてきています。

米農家の秋の収穫後は機械のメンテナンスなどをする時期です。冷川てつや容疑者は少し特殊で、米の収穫後の畑に花を植えるこだわりようです。女性に関してもこだわりが強かったのでしょうか。妻では満足できなかったのか、不満が募ったのか。

「少し都会の雰囲気がする」

とも話す関係者。東京での就職経験があることから、大分の田舎ではモテたのでしょうか。

農業大学校を出た後、飲食業界の会社に入って、東京の飲食店で働いていました。その会社でやってみたいことがあったけど休みがほとんどなく、心も体もつかれて日田に戻りました。それで家業の農業を手伝うようになりました。この話をすると「農業も休みがないじゃないか」と言われるけど、農業はやればやったぶんだけ自分に返ってくる。頑張った分だけ結果が出る。だから、楽しいですよ。自分が作った野菜を「また食べたい」と言ってもらえると嬉しいです。日田は自然があるし、水がおいしい。何より人が暖かいな、と感じます。若い人が「帰りたい」と思えて、日田に住む人が「出ていきたくない」と思う。そんなまちにしたいし、なってほしいな。引用元:日田市

人が暖かいまちで妻の首を絞めた冷川てつや容疑者。

冷川哲也容疑者の事件概要

妻の首を絞めて殺害しようとした現行犯で、34歳の夫が逮捕された。 逮捕されたのは、大分県の自営業・冷川哲也容疑者(34)。 冷川容疑者は27日午前8時前、自宅で同居する32歳の妻の首を絞めて殺害しようとしたという。 警察は、夫婦の間で何らかのトラブルがあったとみて捜査を進めている。 引用元:

事件発生日時:12月27日午前8時ごろ

容疑者:冷川哲也 ひやかわてつや 34才

被害者:妻

容疑:殺人未遂

住所:大分県

職業:農業関係者

首を絞められた妻は、当初意識がなかったが現在は意識が回復していて命に別状はないとのこと。

333ニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました